お別れの式

故人をおくるお葬式のタイミングは突然やってきますね。病院に入院している時には、葬式のタイミングも心づもりをしているかもしれませんが、実際に葬儀屋探しをしているか?というとしていない人が多いのではないでしょうか。
そして、タイミングがやってきた時にはあまりゆっくり探している時間もなく選択が必要になります。

お葬式をする時には、どうやって故人をおくることが後悔のないお葬式に出来るのかだけは、事前に考えておくと良いのではないでしょうか。
お葬式のスタイルも変わってきました。
一般的に通夜や葬儀を行なうお葬式から、その形をよりシンプルにした家族葬や直葬という方法も出て来ました。
故人との最期のお別れをココロから望む人だけで故人をおくる方法が選ばれるようになっているようです。

直葬の方法としては、故人が亡くなった後に、自宅もしくは火葬場へ迎えて安置します。
人が亡くなってから24時間は火葬することが禁止されているので安置することが必要なのです。
そして、通夜や葬儀を行なうことなく火葬して故人とお別れをします。

直葬する場合でも、お坊さんにお経をあげてもらうことは出来ます。
しかし、直葬はまだ一般的なスタイルではありません。親戚や友人などへの連絡をかかすことないよう気をつけましょう。

what's new

2013/03/28
信頼と安心を更新。
2013/03/28
葬儀屋さんを更新。
2013/03/28
場所を更新。
2013/03/28
こだわりを更新。
2013/03/28
トップページを更新。